読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

皐月賞とサドラーズウェルズの血

中山競馬場の芝は時計がとても速くてレコード決着でしたね。

そして、この条件ではやはりディープが強いということでしょうか。

エアスピネルとリオンディーズのキンカメ2頭は馬券外へ沈みましたね。

さすがにリオンディーズはあのペースでは厳しかったのでしょう。

皐月賞に相性の良いスペシャルウィークとサドラーズウェルズの血が入っていて、兄も2着だったエピファネイアなので、期待していたんですけどね。

ただ、1着のディーマジェスティにもサドラーズウェルズの血が入っているので、やはりこの血との相性が良いことは間違いないのでしょうね。

 

過去の皐月賞とサドラーズウェルズ系の関係

06年1着メイショウサムソン→父

07年1着ヴィクトリー→母母父

09年1着アンライバルド→母父

13年1着ロゴタイプ→父

13年2着エピファネイア→母母父

16年1着ディーマジェスティ→母母父

 

10年と12年は稍重の条件で行われているので、それを除くと、サドラーズウェルズ系との相性の良さがより強調されると思います。

また、オルフェーヴルの勝った11年は東京競馬場で行われていたので、除外して考えて良いでしょう。

そう考えると、(今年を含む)過去11年で中山競馬場で行われた皐月賞10レースのうち、実に半分に当たる5頭の勝ち馬にサドラーズウェルズの血は関係しているというわけですね。

良馬場に限定すると、8レース中5頭。

これは偶然という言葉では、片付けられないと思います。

 

ちなみに今年の皐月賞で5代以内にサドラーズウェルズの血を持つ馬は、リオンディーズとディーマジェスティーの2頭だけでした。

割とメジャーな血の割には、該当馬は少なかったですね。

そう考えると、ディーマジェスティーを買うのは、そう難しいことではなかったのかもしれません。

 

来年以降も、この血には注目していきたいと思います。