読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダービーでは意外とミスプロの血が来てる

Q.過去2年のダービー1~3着馬に共通することは何か?

A.それは、5代血統表内にミスプロの血が入っていることです。

 

15年1着のドゥラメンテは父キンカメなので、当然ミスプロの血は入っているのですが、2着のサトノラーゼンの母父Intikhabの母父がミスプロ系。

3着のサトノクラウンの母父も母母父もミスプロ系。

 

14年も1着のワンアンドオンリーの曾祖母がミスプロ系。

2着のイスラボニータの祖母もミスプロ系。

3着のマイネルフロストの母母父Dayjurの母父もミスプロ系。

 

13年のキズナとエピファネイアとは全然関係が無いって?

いやいや、3着に人気薄(8番人気)で来たアポロソニックの母父Pure Prizeの母父がミスプロ系のシーキングザゴールドですし、12年に3着のトーセンホマレボシ(7番人気)の母系にもミスプロ。11年に3着のベルシャザール(8番人気)もミスプロ系です。

ちゃんと毎年、しかも人気薄で馬券に絡んでいるんですよ。

 

10年、09年も1-3着馬にミスプロの血がありますし、08年以前こそ少ないですが、09年以降の1~3着馬21頭中、16頭の5代血統表内にミスプロの血が入っていることを考えると、無視するわけには行かないデータですよね。

そして、09年以降とそれ以前でミスプロの出現頻度が違うのはキングカメハメハの功績も大きい(と言っても3頭)のかもしれませんが、「馬場が変わった影響があるのかも?」という仮説も成り立つのではないでしょうか。

 

Q.そうは言ってもミスプロの血はポピュラーすぎてどの馬にも当てはまるんじゃないの?

A.確かに多いですが、今年は7頭です。

 

これを多いと感じるか、意外と少ないと感じるかは人それぞれですが、私は意外と少ないなと感じた人間です。

 

その7頭とは、エアスピネル(父キンカメ)、マウントロブソン(母父ミスプロ系)、アジュールローズ(ヴィクトワールピサの母父)、リオンディーズ(父キンカメ)レッドエルディスト(ゼンノロブロイの母父)、ヴァンキッシュラン(母父Galileoの母父)、プロディガルサン(祖母がミスプロ産駒)です。

 

なんと、マカヒキにもディーマジェスティーにもサトノダイヤモンドにも入っていないんですよ、ミスプロの血が!

 

まあ、オルフェにもキズナにもエピファネイアにもウインバリアシオンにもフェノーメノにも入っていないので関係ないといえば、関係ないかもしれませんが、この5頭を見ると、全部凄い馬ですよね。

 

オルフェは言わずもがなですが、キズナも故障前、直線の長いコース(凱旋門賞以外)では負け無しでした。

 

そして、フェノーメノは天皇賞春を連覇。

 

エピファネイアは菊花賞とJCを圧勝というド派手なパフォーマンスを見せた馬ですし、G1を2着4回のウインバリアシオンも負けた相手がオルフェとフェノーメノですから、これらの馬に次ぐ実力だったわけです。

 

「ミスプロの血が5代血統表内に入っていない場合、このクラスの馬で無いと馬券に絡めないのかな?」という気さえしてきます。

さて、ディーマジェスティーやマカヒキ、サトノダイヤモンドは、果たしてそのクラスの名馬なのでしょうか?

何だかドキドキしてきますね!

 

Q.対象が7頭って多すぎるのですが?

A.過去の結果から絞ってみましょう。

09年以降馬券になった父方にミスプロがある馬は全てキングマンボ経由なので、ロブロイ産駒とピサ産駒を除外します。

これで対象は、エアスピネル、マウントロブソン、リオンディーズ、プロディガルサン、ヴァンキッシュランの5頭になりました。

さすがに怖いので、これ以上絞るのはやめておきます。

 

いかがでしたでしょうか?

今回なぜこのような検証を行ったのかというと、それはダービーと同じ条件(厳密にはBコースとCコースで違いますが)で行われるオークスの結果に、共通点を見出したからです。

 

それは、13年以降に馬券に絡んだ馬の血統が、ディープ産駒以外だと皆ミスプロの血を持っているということです。

 

例えば今年はチェッキーノがそうでしたし、昨年はルージュバック、一昨年はヌーヴォレコルトにバウンスシャッセ、4年前はメイショウマンボがそうです。

 

たまたまそうだった、と言われればそうなのかもしれませんが、自分的には気になる結果だったので調べてみました。

そしたら、ダービーでは、より濃い結果でしたね。

 

ディープ産駒にはもしかしたら、ミスプロ5代血統表内説は通用しないのかもしれませんが、過去に馬券になったディープ産駒4頭中(サトノラーゼン、キズナ、ディープブリランテ、トーセンホマレボシ)、キズナ以外の3頭にミスプロの血が内包されていたことを考えると、「今年の人気馬3頭、意外と危ないんじゃないの?」

 

という気さえしてくるのは、私だけでしょうか。

個人的には3頭中、2頭は馬券外と思っているのですが。

外れたらゴメンなさい(笑) 

 

あ、あと最後になりますが、スマートオーディンの母(レディアップステージ)はディープインパクトの母(ウインドインハーヘア)に血統構成が似ているので、もしかしたら例外はこの馬かもしれません。切れ味に、ディープと共通点がありますよね。

血統構成的には、ディープ産駒よりディープに近い存在と言えるのかもしれません。

 

ダノンシャンティの現役時代には、ダービーに出てくるのを楽しみにしていたので、産駒で是非リベンジを果たして欲しいなと思っているのですが、どうでしょうか?