読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

騎手の感触

プラチナコードは今週の福島D1150m、ラジオ福島賞に登録がありますが、登録馬が多すぎて、除外が確実ですね。

やはり、当初の予定通り来週の米沢特別(D1700m)を目指すのではないでしょうか。

 

現在の状態は、元気がよすぎるくらい元気ということで、高速馬場を走った反動も今のところはなく、順調のようですね。

 

日曜日には時計も出したようです。

栗坂稍  59.3 42.7 27.8 13.8  馬ナリ余力

 

この馬の場合は脚に爆弾を抱えているようなものなので、順調といっても安心は出来ないんですけどね。

 

ところで、浜中騎手だけではなく、鮫島騎手も、「ダートならもっと良さそう」とのことで、一人だけではなく、二人の騎手に言われたというのは心強いですね。

助手さんからも「以前とは馬が違ってきた」とのコメントがありました。

この馬はかなり休養期間が長く、ブランクもありますから、馬体の成長とともに、ようやく筋肉が付いてきたということなのかもしれません。

漸く本来の姿というか、血統通りの形になってきたのかもしれませんね。

このまま順調に、無事にレースを迎えられることを祈ります。