読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い葉はものすごく食べてくれる

プラチナコードは日曜、月曜とウォーキングマシーンでリフレッシュできたようです(*´∀`*)ノ

 

今日から、また海岸で2.5km乗ってるみたいですね(*・ω・)ノ

 

背中の筋肉量がまだ戻っていない模様ですが、飼い食いはとても良いそうで、徐々に戻ってくるだろうとのことです。

 食欲があるのは良いことですね。

 

いっぱい食べてトレーニングをして、秋には一回り大きくなったプラチナコードを期待したいです(*´∀`*)ノ

ハイオネート

プラチナコードは引き続き海岸で2500m乗っているようです。

まだ良化途上とのことですが、元気一杯とのこと。

宮崎の暑さが気になっていましたが、現時点では体調など問題ないとのことで何よりです。

この先も焦らず進めて欲しいですね。

 

さて、プラチナコードの更新でちょくちょく名前が出てくる「ハイオネート」という関節の薬。

これはヒアルロン酸が入った薬なんですね。

なんだか人間の話かと勘違いしてしまいそうですが、馬にも人にも効くんですね(*・ω・)ノ

2019年までには

リーチザクラウンが社台SS入りするということで。

最短で2019年から社台系クラブで募集されるかもしれませんね。

 

昨年はヴィクトワールピサ産駒とダノンシャンティ産駒、

今年はル ーラーシップ産駒とデ ィープブリランテ産駒、

そして来年はオ ルフェーヴルとロ ードカナロア産駒がデビュー(エイシンフラッシュも)。

2018年はジャスタウェイ

2019年はキズナとエ ピファネイア産駒。

 

続々と有力馬の産駒がデビューということで、東京オリンピックが開催される2020年ごろには、種牡馬勢力図が、現在とはガラッと変わっているかもしれません。

 

既にヴィクトワールピサはジュエラーで結果だしてますし、ブリランテ産駒もOP勝ちのデ ィーパワンサを出していますね。

 

様々な種牡馬の活躍する余地があったほうが、一口でも当たりを引き易いと思うので(特に社台系の人気クラブでは)、正直、今後がかなり楽しみです。

 

2019年までには社台系クラブに入れてるといいなぁ……。

 

その頃には多分各種牡馬の傾向とか当たり外れもわかると思うので、どういう結果になってるのか今から楽しみにしてます。

 

それから、地味に気になるのがダート界のリーディングの行方。

ゴ ールドアリュールは勿論ですが、その後継候補であるスマートファルコンやキンカメ後継のベ ルシャザールなどもかなりの種付け数ですから、この中から面白い馬が出てきても不思議ではありません。

 

ディープスカイ産駒も気になりますが、社台SSの種牡馬ではないですからね。

 

ネオユニ産駒が最近良い感じなのですが、こちらも種付け数が年々減って、今年からレックススタッドへ移籍。

これから募集数がどうなるかわかりませんが、今年はシルクとキャロットあわせても3頭の募集に留まり、東サラでの募集も無いようです。

少し寂しいですが、仕方ありませんね。

今週グ レンツェントに頑張ってもらって、何とか種付け数を維持してもらいたいものです。

海岸で鍛える

プラチナは海岸で2500mくらい乗っているそうです。

動きはまだまだとのことで、復帰までに、もう3ヶ月くらいかかるのでしょうね。

当初の予想通り、早くても11月くらいの復帰になるのではないでしょうか。

順調に行けば、ですが。

 

気分屋とのことですが、好意的に解釈すれば、頭が良く好奇心旺盛ということですから、環境に慣れて体力も付いてくれば大丈夫だろうと楽観視しています。

 

以前、調教で途中でやめたことがありましたが、あれも明らかにオーバーペースでしたからね。

この馬は理由無しに走ることを止めないと思うのです。

元々走ることが好きな馬ですし、骨折してしまうくらいに本気で頑張ってしまう馬ですから。

 

骨折してしまうくらい能力を限界まで出す馬というのは、走る馬の条件でもあります。

なので、骨折してしまったことは残念ですし、可哀想ではありますが、同時に能力があることの証明でもあると思うのです。

 

ここまで怪我がちの本馬ですが、それはまだ、身体が出来上がっていなかった為でしょう。

年齢から考えると、そろそろ馬体が完成に近付いてくる頃のはず。

秋からの復帰というのは、そういう馬の成長過程から考えても、ちょうど良い時期なのではないでしょうか。

願わくば、復帰後は大きな怪我も無く、順調に行ってもらいたいものです。

今までのレポートから総括すると、元々内臓面は丈夫な馬だと思うので、後は脚元さえ持てば、もっと上を目指せる馬だと思うのです。

本格的な騎乗調教開始

右前肢橈骨遠位端骨折で、暫く調教をお休みしていたプラチナコードですが、火曜日の更新で本格的な騎乗調教を開始したというレポートが。
これは嬉しいですね。

海岸での調教で、ダートでも走れる脚力が付くと良いのですが。
果たして、復帰後はダートを使ってくれるのでしょうか?

サーファーに物見をしているとのことですが、そういう環境で、小さなことでは動じない精神力が鍛えられると良いですね。

順調。……なのか?

プラチナコードの今週の情報が更新されましたね。

 

ようやくレントゲン検査の結果が出たようです。

結果は良好とのことですが、6月中旬を予定していたパドック放牧は6月下旬にずれ込んでしまいました。

 

もちろん安全第一なのですが、復帰の時期は早くても11月以降と考えた方が良さそうですね。

 

早く動かしすぎて問題が出てくるよりは良いのですが、待ち遠しすぎて首が長くなりそうです。

ユニオン2015年産 管囲発表

ユニオン募集馬の管囲が発表されましたね。

気になる馬の現時点での管囲はどうだったのでしょうか。

 

PEGASUS 2 2015/02/15

父:オルフェーヴル
母:ダイワパッション

測尺(cm) 体高:157 胸囲:178
管囲:20.0(2016年6月現在)

総額 4,500万円 一口価格 90,000円(500口)

予定厩舎 藤原英昭(栗東)生産 田上徹

 

まずまずではないでしょうか。

問題なさそうですね。

 

PEGASUS 4 2015/04/22

父:ロードカナロア
母:サイレントソニック

測尺(cm)体高:148 胸囲:165
管囲:19.0(2016年6月現在)

総額 2,000万円 一口価格 100,000円(200口)

予定厩舎 手塚貴久(美浦)生産 桜井牧場

 

これは明らかに小さいですね。

牝馬ですし、4月下旬生まれなので、これからの成長もあるのでしょうが。

もう少し様子を見てみましょうか。

 

PEGASUS 14 2015/03/04

父:シニスターミニスター
母:フォーチュネイター

測尺(cm) 体高:156 胸囲:176
管囲:20.5(2016年6月現在)

総額 1,000万円 一口価格 50,000円(200口)

予定厩舎 武井亮(美浦)生産 岡田牧場

 

前回紹介し忘れましたが、この馬はコウエイエンブレムの配合に似ていて気になっていた馬です。母父フォーティナイナーだけではなく、What a Pleasure を持っているところまで共通しています。

 

PEGASUS 17 2015/06/05

父:エイシンフラッシュ
母:オオシマセリーヌ

測尺(cm)体高:149 胸囲:165
管囲:19.0(2016年6月現在)

総額 1,000万円 一口価格 50,000円

予定厩舎 渡辺薫彦(栗東)生産 大島牧場

6月生まれなので仕方ない面はあると思うのですが、まだ小さいですね。

全体のバランスは悪くないのでこれからの成長しだいでしょうか。

 

PEGASUS 22 2015/05/03

父:ロードカナロア
母:セクシーココナッツ

測尺(cm) 体高:153 胸囲:170
管囲:20.0(2016年6月現在)

総額 1,800万円 一口価格 90,000円(200口)

予定厩舎 北出成人(栗東)生産 松田牧場

 

この馬もブログ初登場ですが、血統的に母父ダンスとキンカメの組み合わせが相性が良いので、カナロア産駒のこの馬にも注目しています。5月生まれですが、管囲の太さも良いですね。

 

PEGASUS 26 2015/03/26

父:オルフェーヴル

母:スターズインハーアイズ

測尺(cm)体高:153 胸囲:172
管囲:20.0(2016年6月現在)

総額 2,200万円 一口価格 110,000円(200口)

予定厩舎 今野貞一(栗東)生産 矢野牧場

 

この馬が400口募集だったら、買っていたかも。

管囲もしっかりあるし、順調そうですね。

 

PEGASUS 32 2015/04/09
父:ノボジャック
母:エンジェルシェア

測尺(cm) 体高:151 胸囲:166
管囲:19.0(2016年6月現在)

総額 1,200万円 一口価格 60,000円

予定厩舎 松下武士(栗東)生産 ヒダカファーム

うーん、4月生まれとはいえ、ダート馬配合ですからね。

これからの成長に期待でしょうか。

 

■まとめ

そんなわけで、気になった馬7頭中、母ダイワパッション、母フォーチュネイター、母セクシーココナッツ、母スターズインハーアイズの、4頭の成長具合が良く見えました。

これから秋にかけての成長が、さらに楽しみですね。